クレジットカード現金化では個人情報を写メで送る

家賃や光熱費や携帯料金を引き落とされて、銀行口座の中には余分なお金は残っていないというタイミングで、友人の結婚式に招かれたり、親族に不幸ができて葬式に出席しなければならないなど、突然の出費が必要な時は誰にでもあります。
そんな時にはクレジットカード現金化を考えてみましょう。
24時間営業の現金化業者と取引をして、上手くいけばその日のうちに現金を手にできます。

クレジットカード現金化では本人確認が必要

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠という二つの枠が作られています。
一般に現金化という行為は、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えることを意味します。
方法は簡単で現金化業者から指定された冷蔵庫や洗濯機、パソコンなどの高価な商品をクレジットカードで決済して、同じ業者に中古品として買い取ってもらいます。
こうすることで現金が手に入ります。
しかし中古品の売買では古物営業法という法律に基づき、盗難品ではないことを証明するために、利用者の身分証を提示しなければなりません。

身分証の提示は写メで送る

実際に店舗を運営している現金化業者であれば、自分で店を訪れて申し込めばいいのですが、インターネットで運営している現金化業者は実際に会うことができません。
そのため申し込みフォームに必要事項を記入してから、自分がどんな人間なのかを証明するために、身分証の写真で撮り、身分証を自分の手に持って自撮りして、身分証と自撮りした写メを送ります。
会ったことがない現金化業者に個人情報を送るのは怖いですが、優良業者は個人情報を厳重に扱っていて、漏洩しないようにしているので安心して利用できます。

クレジットカードは写メしない

写メで送る資料は、免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証です。
クレジットカードの番号を求める現金化業者もいますが、クレジットカードは自分で管理するものなので、カードの情報を教える必要はありません。
悪徳業者の中にはクレジットカードの写メも要求してくるところがありますが、クレジットカード番号、セキュリティコード、パスワードが他人に知られてしまうと、不正に利用される可能性があるため、クレジットカードの写メは絶対に送らないようにしましょう。

優良業者と取引する

個人情報を写メする時には、優良業者をよく見分ける必要があります。
どんな業者かを知るために業者のサイトを確認しましょう。
悪徳業者は数ヶ月間だけ運営して利用者から現金を騙し取り、すぐに会社を閉鎖して連絡が取れなくなります。
そしてほとぼりが冷めてから会社の名前を変えて、また新しいカモを探すことを繰り返しています。
そのためサイトの作りが一夜漬けで作ったように簡単だったり、会社の連絡先が固定電話ではなく携帯電話を使っていることもあります。
優良業者を見分ける時には、なるべく長く営業していて多くの実績を残している業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

インターネットで運営している現金化業者は、直接会うことができないので、自分の個人情報を写メで送らなければなりません。
しかし他人に個人情報を渡す時には十分警戒して、身分証など必要最低限の物だけを送るようにしましょう。
そしてクレジットカードの情報は絶対教えないようにしましょう。